健康医療に行く度

頑強診断に行くごと、問診票に「オペレーションしたことがありますか?」という知らせに引っかかります。

虫垂炎・・・いわゆる盲腸なんですが、小学生1、2時世くらいのまま、噴出スレスレを、オペレーションしてもらいました。

ママも、当然私も、「盲腸?!」「オペレーション?!」って驚いてしまうほど意外だったんですよ。

そのころ僕は、再三腹痛になり、医院に連れて行かれていました。

それでも動機がわからず、痛苦やめをもらって舞い戻り、痛くなるとまた医院・・・そういう繰り返しだったそうです。

ある日の業者、ママが職務から帰って来るって、腹痛で転げまわっていらっしゃる僕を見て、今までと違う感じにびっくりして医院に担ぎ込んだら・・・盲腸炎だったわけです。

その時のことは、痛さの余白なのか、とっても覚えていないんですよ。

不思議ですね。ただ、医院で自ら過ごすのが寂しくて、半べそかきながら我慢している僕を見て、ベットの空きがあるからと、医院の方がママという弟を泊めてくれたのは、かすかに覚えています。今では、考えられない事件ですね。

それで思い起こしたんですが、僕は赤ん坊だったので施術はなかったのですが、大人になってから盲腸炎になったとき、要所の「ケ」は剃るんですよね?

剃刀での抜け毛・・・知らない間にやるのでしょうが、何だか痛そうです。

細菌が入らない結果とはいえ、昔に盲腸やっといて良かった♪と思ったのでした(笑)こちら